投資型クラウドファンディング愛好家の案件考察ブログ

不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディング愛好家です。比較的高利回り案件を中心に考察をしています。

15日〆的な投資報告第1弾。

こんにちは。NNSです。

 

ネタのない時に重宝する、投資報告記事。

本当はネタがあると言えばあるのですが、土日も意外と時間が取れず、

(夢の国に子どもを初めて連れてきました笑)

満足な記事が書ける状況にないので、こういった記事でお茶を濁すことにしました。

 

そんなわけで、早速、投資報告第1弾を書いてみたいと思います。

---------------------------

「運用開始が6月の案件」

 

1.COZUCHI代々木公園 200万

2.COZUCHI:六本木2 フェーズ2 20万(償還予定分の移管再投資)

3.COZUCHI:虎ノ門 20万

4.大家どっとこむ:押上 4期 53万

5.信長ファンディング:10号 名古屋市 20万(償還分の再投資+α)

6.Victory Fund:小平市 No.4 20万(償還予定分の再投資)

7.TOMOTAQU(トモタク):4号 東高円寺 10万

 

以上の343万ということになりました。

※6/27 7月1日運用開始分が誤って含まれていましたので、訂正しました。

いやー、もうたぶんこれを超えることはまずないだろうという金額ですね。

何と言っても200万というのが大きいですよね。

 

お陰様で、余裕が空っぽにはなってきました(笑)

 

過去を振り返ると、

10月:125.5万、11月:68.6万、12月:90万、1月:118.4万

2月:137万、3月:175万、4月:98万、5月:120万

 

ということでしたので、343万は過去最高かつ、以前の過去最高の倍以上。

いやー、しんどかったなと思いました。

(正確にはまだ振り込みを済ませていない明細もありますので、しんどいは続いていますが…

もちろん、償還分の入金などの日付を照らして、間に合うようには組んでいます)

 

一応、多少の解説もしてみます。

というかいかにもちゃんとした記事っぽくすべく、リンクも多用してみます。

 

まずは代々木公園案件。

利回り10%+200万円でキャンペーン対象となる可能性ありということで、

ほんと頑張りました。これはもう、ということに尽きます。

詳しくは記事をご覧ください。

 


また、COZUCHIの他案件についてもそのまま書いていきますが、

六本木 フェーズ2はフェーズ1で20万の投資をしていたため、

優先出資件でそのまま移管投資が出来、空白期間も出なかったのでラッキーでした。

今思えばもう少し投資しておけば良かったという気持ちもありますが、

その時の手持ちの限度もありますからね。

とりあえず出資出来ていることがラッキーということにしようと思います。

フェーズ1時点での案件はこんな感じでした。

 

 

虎ノ門案件は興味深く投資に前向きではあるものの、

既に代々木公園案件で手持ちが尽きかけていることと、

COZUCHIがあまりに全体に対して比率が高めになっているので、20万としました。

曙橋案件に当選していたら、それこそ10万になる可能性もありましたが、

結果的に落選したのでこういった形になりました。

一応、リンクも色々貼っておきます。

 


大家どっとこむはこれもまたある意味でフェーズ2的な案件でした。

既に1億×3回、3億を集めている案件の最終4回目の募集。

ただし前3回と違って、ほぼEXIT案件という感じ。

利回り高め、運用期間短め、比例配分方式と独特な案件でした。

普段だったら、逆にもう少し投資金額を落としていたかもしれませんが、

今はなるべく早期にお金が戻ってきてほしいタイミングなので、

(200万ショックがあるので笑)

資金的にチャレンジする案件はこれかなということで、

「ラストチャレンジ」した感じでした。

もうほんとにチャレンジする資金がないので、

暫くは控えめな金額の投資に終始しそうです。


信長ファンディングは10%、3ヶ月の記念案件が20万の上限で募集されたので、

参加してみました。上限が20万なのでそのまま20万としました。

 

利回り不動産は既に運用されたことのある案件かつ、少額区分案件。

投資家への投資機会の定期提供という感じの案件なので、

基本的に安全性は高いのかなということで毎回参加出来る時はしています。

10万が上限ということで、混み合ってはいたものの、投資は出来ました。

 

Victory Fundいつもの小平案件の最終案件とのこと。

ちょうど、既に投資した小平案件の償還予定もあったので、

もう一度入れ直してみました。

あまりサービス性の高い事業者という感じではないですが、

何だかんだ言って結果は残してくれているので助かりますね。

 

TOMOTAQU(トモタク)の東高円寺案件は他の案件に比べるとそれほどお得感が高い案件ではなかったですが、物件の積算価格的な価値がそれなりに高そうなので、

インカム型でリターンがしっかりしている上に、キャピタルロスの可能性も低そうということで、少額で参加するのは良いかなということで参加しました。

115%くらいの倍率だった記憶がありますが、当選は出来ました。良かった。

 


各案件の想定利回りは、10,10,4,10,10,6,5,7,10,6%ということで、

自分的には利回りの高い案件を拾えたなーという印象。

リスク対利回りではお得な案件を拾えたと個人的には感じていますが、

そのあたりは、出口に行きつくまで何とも言えませんので、

そうだったら良いなーとは思う私でした。

--------------------------

少しだけ宣伝もしておきます。

 

高利回り系事業者の一つであるVictory Fundから7号案件が近日発表されるそうです。

まだ公式なリリースがありませんので、念のため内容は公開せずにおきますが、

 

利回り等未発表ながら、JR山手線と都営線の交差する駅の徒歩数分圏内の再開発が予定されている土地の運用というプロジェクトのようです。

立地的にはかなり良いものがありますので、

内容にも期待出来るのでは?という印象は持てます。

 

久しぶりの完全なる新規案件ですので、

急な募集開始にはならないかとは思いますが、

 

登録されていない方は登録・・・とまでは行かずとも、

登録の下準備的に過去の案件やサービスの詳細を見られるのも良いかもしれません。

Victory Fundへ

 

また、内容にもよりますが、ご紹介したいと思える案件でしたら、

紹介・考察をしてみたいところです。

 

以上、投資報告第1弾を掲載しました。

 

尚、巻末にVictory Fundのリンクを置いておきます。

サービスについてご興味のある方はアクセスなさってみてください。

-------------------------- 

Victory Fundにご興味の出た方は下記リンクよりHPをご確認ください。

victory fund

※尚、不動産クラウドファンディングについて紹介する際は、知名度が劣るため、
類似した投資であるソーシャルレンディングをタグに入れています。両者は似たスキームですが、別物であることはご留意ください。
逆にソーシャルレンディングについて紹介する際は、不動産クラウドファンディングのタグは入れておりません。
※当ブログでご紹介している投資商品は元本保証がなく元本の一部棄損、あるいは全額棄損の可能性がある商品です。投資の判断についてはご自身で事業者のHPをご覧になるなど、ご検討の上なさってください。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ