投資型クラウドファンディング愛好家の案件考察ブログ

不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディング愛好家です。

WARASHIBE(現:COZUCHI)の新規案件と今月の投資履歴について書く。

WARASHIBE(現:COZUCHI)で新規案件の情報が解禁されました。

ですので、これについて多少書いてみます。

ただし、会員でない方には一切情報公開していないわけなので、

あくまで怒られない程度に案件についてちらっと触れる感じで書いてみたいと思っています。

 

それだけだとたぶん記事の文字数的に少ない感じがあったので、

まずは今月の投資履歴について、

自分自身での振り返りも兼ねて書いてみたいと思います。

とりあえず、マメな集計はしない方針なのでメールの履歴から追ってみます。

 

---------------

1:アセクリ

三郷案件に15万投資しました。

三郷市戸ヶ崎は少し辺鄙な土地ですが、その分案件の利回りが高く、募集価格の値付けも適切(価格を高くして利回りを下げ過ぎたりしていない)に感じたため、いいかなと思い少しいつもより高く投資しました。

 

2:WARASHIBE(現:COZUCHI

(早期償還が既に決まっている)武蔵関案件に10万、武蔵新城案件に2万(一部当選)、(未入金ですが)五反田案件に15万と投資しました。

今はボーナス的なファンドが多いので、この記事では詳しくは書きませんが、いいかなと判断しました。

 

3:利回り不動産

初回案件に10万投資しました。初回かつ区分なので外れということはないだろうと思い投資しました。

ただしキャピタルを含んでの7%かつ劣後は1割、そして案件としては札幌市の案件なので、地域分散という意味では魅力がありますが、内容としては物凄くお得というわけではないと思うので、少し利回りの下がった2号案件は見送りました。

ただ、とはいえ地域分散への意識が比較的強い自分としては今後も気になるなと思いました。

 

4:Victory Fund

ご紹介した通り初回案件に15万投資しました。高い利回りの数字に釣られた部分はあると思います。後悔はしていませんし、これくらいの数字ならば自分の予算内ですが、多少頑張った感じはあります。満額回答でなくともプラスで終われる可能性は高いファンドだと思いますので、満額目指して頑張って欲しいですね。

 

5:わかちあいファンド

償還された金額を10万そのまま投資しました。バームクーヘンパワーに惹かれました。

こういうのはいかにも刈られた感がありますね。そういう心のくすぐり方が上手な会社さんだといつも思います。インカム的には安定的ですが、出口リスクが多少あるので、気が早いですが、この先の大津案件の2回目、3回目まで引き続き投資するかは悩ましいです。ただ、それも上手いキャンペーンに釣られそうな気もしています(笑)

 

6:TECROWD

ちょこっと不動産への投資を予定していたのですが、投資出来なくてもいいか・・・

という曖昧な感じで参加したところ、実際に投資出来なかったので、こちらに変更。

自分としてはまだまだ日本の案件を勉強しているレベルなので、TECROWDさんの案件は自分には内容が見えなさすぎて少し躊躇うところもあったのですが、会社の業績等への信頼感はあるので、まずは1回参加してみました。参加することで見えることもあるかなとも思ったので、とりあえず最低単位の10万で参加。思った以上に人気が高くて驚きましたし、そうなるともう1回くらい投資してみたいと思ってしまう自分を感じました。

 

4月募集、5月振込を全部含んでいるわけでもなく、大体目についたものを書いた感じなので、完璧な数字というわけではないのですが、

今月の現状は、87万の投資となりました。

 

・・・ってこうして数字を全部足すと「やべえ」とちょっと思ってしまいました。

こんなに投資してるんだ・・・と。

 

それと、冷静に考えたらもう10万ありました。

 

7:FOLIO ROBO PRO

フォリオのロボプロに10万入金してみたんでした。

今のところはコモディティ(金)で多少プラスになってますね。

少しずつ私も株式やコモディティについて勉強したいと思っていたので、

某有名ブロガーさんのパクリみたいな話になってしまいますが、

これの値動きを見ることでそういった投資の何となくの大局観的なものも掴んでみたいと思っています。とりあえず余裕がないので積み立てまでは出来なさそうですが・・・

 

あと、もう10万、クラウドクレジットのデポジットに入っているお金もあります。

一応、今のところはもう一度クラクレさんにお世話になろうかと考えています。

って、これを足すと107万か。

一案件に100万単位で出す方に比べたら桁1つ足りないわけですけど、

とはいえ、極一般的な視点で見たらかなり恐ろしい金額ですよね。

 

何だかんだ世間的には貧乏な雰囲気で生きてますが、

(ボロ着を着て、古い車に乗り、賞味期限切れは気にせず食べまくり笑)

こうしてみると我が家も意外とお金があるんだなと思いました。

いや、というか、ちょっと使いすぎか。

たぶん「パーキンソンの法則」的な方向に転んでいるんでしょうね。

ま、逆に言えば、既に投資出来る金額がそろそろ限界に来ている以上、

その法則に則れば、来月はここまで出せる感じがないので、

(早期償還が最近どの業者もあまりないですし)

少し投資金額は下がりそうですが、償還したお金を中心に良さそうな案件に投資してみたいとは既に思っているのでした。

 

にしても、貸付型(ソーシャルレンディング)の応援をしたいとかたまに口にしたりする割に投資はほとんど不動産クラウドファンディングでした。

ここのところボーナスファンド的なものも多かったので仕方がない(?)ですね。
--------------------------

というわけで、やっと本題のWARASHIBE(現:COZUCHI

について書いてみたいと思います。

 

今回の案件はほぼキャピタルが100%かつ超短期ファンド。

内容としては東京都北区田端の賃貸マンションを、新規事業用地として転売し、

その利ザヤを投資家へ配分してくれるというファンドです。

「EXITファンド」の愛称をつけている通り、既に売り先が決定していて、

大体の利益も決まっているのに、それをわざわざ投資家へ配分してもくれるという

非常にありがたい案件だと思います。

無論、そのお金がWARASHIBE(現:COZUCHI)サイドとしては、

投資家から入ってくることで、

ファクタリング的というとちょっとマイナスな言い方になってしまいますが、

先に現金化されることで、次の案件組成等の元手として使えるので、レバレッジ的な意味でも、スピード感的な意味でもメリットはあるでしょうが、

今回に関しては劣後比率も高いですし、

そういった事業者としてのメリットというよりは、

ボーナス的なファンドを作ることで投資家を呼び込もうという広告的なファンドというイメージの方が強い感じがしました。

 

さて、で、迷惑にならない程度に案件について書きますが、

平たく言うと「非常に古いマンション」を土地・建物付きで売却し、

買い手はそのマンションを壊して更地にして別の事業用地として販売?何かを建てて販売?するという感じの案件です。

 

それで、ここからが話のキモになるのですが、

【ここ、何度も通ったことがあるので、さっきちらっと見て来ました】

 

です。今は私もそれなりの立場になってしまったのでぶらぶらすることは必ずしも多くないですが、ペーペーさんの頃はこのあたりを社用車で走る機会もあり、

ちょっと別の用事で多少似たような方面に出かける用事もあったので、ちらっと場所確認はしてみました。

雨が降ってなかったら、それこそ帰り道とは多少違いますが、寄り道で歩いて見に行ってたかもしれません(笑)

ま、住まわれている人のいるマンションなので迷惑になるでしょうし、一回止まって、物件を見た程度なので、何も詳細については分かっていませんが、

強いていえば「廊下の天井が・・・」とか「やたら広い駐車場が他の物件と比べると逆セットバック状態だわ」とか、

なかなか立地が良いだけに勿体ない感じの古びた感じはありました。

昔であればその駐車場も意味があったんでしょうけど、他の新しい物件が土地の際まで建ててるのと比べると、

余裕のある作りになっていて、その分、お金にならない敷地が大きいので勿体ない感じはしましたね。

 

というような古い物件を結構多く残す地域の中でも、なかなか古いなって雰囲気の漂う物件でした。

確かにこれをリノベーションするのは形からしても限界があるでしょうから、ちょっと土地の広さとしては広すぎるくらい広いので使い道が限定されそうですけど、

立地が結構いいだけに新規事業用地にはちょうどいいかもしれませんね。

 

土地がかなり広いのでなかなか相場観が掴みづらいですが、

パッと見は適性価格なんだろうとは思いました。

 

とりあえず資金の余裕はあまりないのですが、折角縁のある土地の案件だけに、前向きに投資検討はしてみたいと思った案件でした。

 

 ↓最大利回り6%と書きつつ、(超早期償還とは言え)280%が現実になったのはちょっと面白いですね。今のところは堅実に。という書き方ですが、実際はもうちょっと攻めている気がします。昔からバナーが変わってないのかな?

COZUCHI

ASSECLIは利回りが高めでリノベーション案件が中心とユニークな会社です。案件も増えそうな予感がしています。次の案件が楽しみな会社さんの1つです。 

ASSECLI(アセクリ)

期待の新人枠的な感じということで2社もバナーを置いておきます。

victory fund TECROWD

※尚、不動産クラウドファンディングについて紹介する際は、知名度が劣るため、

類似した投資であるソーシャルレンディングをタグに入れています。両者は似たスキームですが、別物であることはご留意ください。

逆にソーシャルレンディングについて紹介する際は、不動産クラウドファンディングのタグは入れておりません

 

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村